借金問題解決するならまずは無料相談
このような方はお早めにご相談ください

借金を抱え、悩んでいる方たちの多くには債務整理という手続きで借金生活から救われる方法があります。
債務整理に対する十分な情報と理解があれば必ず借金から解放されます。 債務整理には、<任意整理><民事再生><自己破産>といった主に3つの手続きがあります。
また、既に払い終えた借入れに対し、払い過ぎた利息を返還請求できる<過払い金返還請求>という手続きもあります。 いずれも債務整理の手続き依頼後より、支払いや取り立てを直ちに止めることができます。
これらは借金を整理して金額を減らし、過剰な金利負担を見直して生活を改善するための手続きです。
あなたに合った手続きを見つけ、少しでも早くその苦痛から抜け出し、明るい未来のために再スタートをしましょう。

裁判所など公的機関を通さずに、弁護士が債務者である依頼人に代わって金融業者と話し合って借金や利息を減額したり、返済方法を楽にする交渉をしてくれるというものです。比較的多重債務の状況が軽度であり、全額返済の見込みがある場合にはこの方法を最初にとります。官報に掲載されることがないため、第三者に知られることもありません。

債務整理の中では比較的新しい方法です。 裁判所に申し立てることにより、借金を総額の20%(但し100万円以上~300万円以下)にまで減額してもらい、減額された借金を3年間(最長5年)にわたり弁済していくという方法です。 住宅ローンがある人でもマイホームを手放さずに借金整理ができる点が自己破産と異なります。

個人で行う債務整理の最終手段と言えるもので、全く返済の見込みがなくなった債務に対し、借金を帳消しにする手続きをします。 自己破産を行うとマイホームなど現在所持しているすべての資産を手放すことになります。また銀行や貸金業者から5~7年程度の借入が困難になりますが、戸籍や住民票には記載されません。

長年にわたって消費者金融などから借入れや返済をしている債務者の場合、本来元本に充当するべき金額を利息として払い過ぎていることがある時に行われます。 金額を計算し、利息(過払い金)があれば弁護士が手続きを行なって取り戻し、債務の状態を改善しててくれます。返済期間が5年~7年以上の場合、過払いの可能性が大きくなります。

今のままだと損することに!?

例えば300万円の借金があって金利が年率18%の場合、3年後に一括で返済するとしたら300万円+3年分の利息(約54万円×3年=約162万円)を支払わなければいけません。
ところが弁護士に依頼して債務整理を行うと利息を払う必要がなくなることが多く、これまで払い過ぎていた利息が100万円分ある場合は、さらにその分が返済額から差し引かれ200万円だけ支払えばいいことになります。つまり、262万円得することになります。
返済がなかなか終わらず悩んでいるなら、まずは弁護士に相談してみてはいかがですか?

お申込み

まずはお申込みフォームからお申込みください。担当者がお電話もしくはメールにてご連絡いたします。

相談の実施

現在の借り入れ状況等をお伺いし、今後の進め方を相談させていただきます。

解決に向けて

その後、相談のみで問題が解決し終了する・相談を継続する・事件をご依頼いただくなど分かれていきます。
事件をご依頼いただく場合でも、訴訟・調停・交渉等ご要望をお伺いしながら・適切な方法を選択して、ともに解決に向けて歩み始めます。